NEWS

2017.01.19

多田多延子様の元に、オバマ大統領よりヒロシマミラクル贈呈のお礼状が届きました。

多田多延子様の元に、オバマ大統領よりヒロシマミラクル贈呈のお礼状が届きました。 先日12月7日、実践会会員でいらっしゃる、多田多延子様の元に
オバマ大統領よりヒロシマミラクル贈呈のお礼状が届きました。

「広島から世界へ平和を伝える」という信念の元活動を進めていらっしゃる多田様
その中で、復興都市広島の魅力を伝えたいと願いを込めて
「恕(ゆる)す心」と「平和の大切さ」を世界に発信しようと
作られたのが漫画「キセキのヒロシマ」です。

今回はその英語版「ヒロシマミラクル」をアメリカ大使館へ贈呈したところ
オバマ大統領の元に届き、そして実際に読まれたオバマ大統領よりお礼状が届いたとのこと

下記、オバマ大統領からのお礼状の日本語訳(※訳は参考)です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THE WHITE HOUSE WASHINGTON
November 3, 2016
Ms.Taeko Tada Hiroshima, Japan
2016年11月3日
ホワイトハウスワシントンから、
日本広島市の多田多延子様へ

Dear Taeko:
親愛なる多延子さん

Thank you writing to Ambassador Kennedy.
I am moved by your story.
ケネディ大使に手紙をいただき感謝します。
私はあなたの物語に感動しました。

I visited Hiroshima to reaffirm my commitment
to working toward a world without nuclear weapons.
私は核兵器のない世界の実現への取り組みを再確認するために、
広島を訪問しました。

We have a shared responsibility
to look directly into the eye of history and ask
what we must do differently to prevent such suffering from ever happening again.
私たちは、歴史を直視し、こうした悲劇を二度と再び繰り返さない様に、
私たちが何をすべきかを自問するという共通の責任があります。

It is through the examples set by the hibakusha that we are able to define ourselves not by
our capacity for war, but by our common humanity.
被爆者によって設定された例を通して、私たちは戦争の力ではなく、
共通の人間性によって自分自身を定義することができます。

Since that fateful day, we have made choices that give us hope,
and stories like yours are a testament to how far we have come.
あの運命の日から、私たちは希望をもたらす選択もしてきました。
あなたの物語は、私たちがどこまで来たかの証です。

So long as more people take the time to understand the past and embrace compassion, I
am confident a brighter, more peaceful future lies ahead.
より多くの人々が過去を理解し、思いやりを抱く時間があれば、
より明るい、より平和な将来が待ち受けていると確信しています。

Thank you, again, for sharing your story with me.
I wish you all the best.
あなたの物語を私と共有してくれてありがとう。
あなたの人生に幸あれ。

Sincerely, Barack Obama
敬具 バラク・オバマ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■今回の贈呈からお礼状が届くまでの経緯と多田様の想い
ーー
代表理事の多田多延子は、
今年4月14日、オバマ大統領広島訪問実現に向けて、
60年前から始まっていた広島・アメリカ友情の実話を
「オバマ大統領を通じてアメリカ国民に伝えたい」、
「オバマ大統領に広島訪問を実現していただきたい」との想いで、
在日米国大使館(東京都港区)のキャロラインケネディ米国大使に、
「ケネディ米国大使とオバマ大統領にお読みいただきたい」と手紙を添え、
英語版「ヒロシマミラクル」を2冊贈呈致しました。

4月30日、ケネディ米国大使から賜ったお礼状(4月21日付)には、
「ワシントン(オバマ大統領)にも送る」とあり、今年5月27日に、
オバマ大統領の広島訪問が実現致しました。
そして、12月7日、オバマ大統領からお礼状(11月3日付)を賜りました。

記者会見映像はこちら▼
http://ppp.holy.jp/20161207/
ーーーー


いつもピンク色の衣装をお召しになられている多田様
そこにはとても深い理由があるそうです。

それは何かというと「ピンクは赤ちゃんの時に育ったお母さんのお腹の中(胎内)の色」
人間がもっとも幸せ、安心を感じられる色として科学的に証明されているとのこと。
多田様は「お逢いする人に幸せになっていただきたい」との願いを込めて
毎日ピンクをお召しになられてらっしゃるとのことでした。

多田様のまずは目の前の方を幸せにすることが世界平和の第一歩という信念と
そしてそれを実現していこうとされる実行力は
本当に素晴らしいものであります。

そんな多田様が人生をかけて取り組まれていらっしゃるこのプロジェクト
「恕(ゆる)す心」と「慈しみ、敬いあえる心」の思いが込められたこの「キセキのヒロシマ」は
きっとあなたの人生にも勇気と希望を与えられるものとなるはずです。

ぜひ一度お読みになってみてはいかがでしょうか?
漫画「キセキのヒロシマ」▼
http://ppp.holy.jp/book/

「キセキのヒロシマ」を活用した未来志向の平和教育▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/learn